お知らせ
さいきりーふ TOP > 干物・一夜干し > 干物あじ開き(霜降りあじ)

干物あじ開き(霜降り鯵)

あじの開き霜降り鯵

やまろ渡邉が厳選したあじ、それが「霜降り鯵」

やまろ渡邉が厳選した鯵は、極上の味です!

霜降りあじ」として商品となるのは、その中でもお刺身でも食べられるほどの活きの良い、特別に厳選した真鯵のみです。

すべて「生切り」で加工され、素材の味を嗜んで頂きたいから、
添加物をいっさい使用せずに自然塩のみで仕上げました。

網焼きでおいしく焼く。

霜降り鯵
約25cmもの大きさです。 シンプルに焼き網で焼きました。
(ちょっと焼きすぎてしまったでしょうか^^;)
霜降り鯵
生でも食べられる鯵を干し、
しかも身が厚いので身がふっくら!
厚みもたっぷりあり、メインのおかずとして
充分なボリュームです。

 

●焼き方のポイント

  1. よく熱しておいた焼き網で、皮を下にして中火以下の火加減で焼き始め、程よい焼き色がついたら裏返して火を通します。
  2. 何度も返して焼くと身割れがしたり、早く裏返すと身や皮が網について剥げ落ち、見苦しくなるので注意してください。
  3. 遠火でじっくりと焼き、こわさないように網に沿って箸を差し込み、持ち上げるようにして裏返すとうまくいきます。

お好みでカボスやレモンなどをかけていただくと、味がまろやかになりますので、お魚が苦手な方にもオススメです。

マリンレモンも是非おためしください!

あじの開きを使ったレシピ

あじと高菜の揚げサンド   霜降り鯵と漬け菜の茶漬け

【材料】
食パン2枚、あじの干物1枚、みじん高菜漬けカップ1/4、マヨネーズ大さじ1、いり白ごま小さじ1

衣(小麦粉・溶き卵・パン粉適量)

  1. あじは焼いて皮と小骨を取り除き、細かくほぐす。
  2. 高菜漬けは水について塩気を軽く抜き(つけすぎないこと)、(1)のあじとあわせてマヨネーズで和え、いりごまを混ぜてパンにはさむ。
  3. (2)に衣をつけて揚げ、冷めてから食べやすい大きさに切る。
 
  1. あじの干物1枚を焼いて皮と骨を取り除き、身をほぐす。
  2. からし菜漬け少々を水洗いして絞り、ざく切りにする。
  3. しょうが1/2かけを千切りにして水にさらす。
  4. ご飯を器に盛り、(1)〜(3)をのせ、熱いお茶をかける。

 

購入こちら

霜降りあじの開き

時期により、値段が変動します。
ご了承下さい。

 

[商品番号]S01802
やまろの霜降り鯵 1尾
780円(税込・送料別)

数量


●保管の際の注意点
冷凍庫で保管する場合、密封しておけば乾燥を防ぐとともに風味も損なわれにくくなりますが、なるべく1ヶ月以内にお召し上がりください。保管期間が長くなるほど、品質が劣化します。
美味しくいただく秘訣は、解凍したらできるだけ早く、2〜3日以内にお召し上がりいただくことです。

内容量 1尾袋入り
原材料 真あじ・食塩
賞味期限 冷凍で約30日
(無添加の商品ですので、お早めにお召し上がりください)
保存方法 冷凍 -18℃以下
配送種別 冷凍
配送元 やまろ渡邉
fax

 

商品提供:やまろ渡邉さん
創業90年余。質の良さと手軽さをお楽しみ下さい

やまろ渡邉の社長やまろ渡邉米水津に育てられ創業90余年。まもなく100年を迎えます。
「味を落とすくらいなら、売らないほうがまし」という頑固なこだわりが、美味しさの追求につながっています。
米水津で生まれ育ったやまろだから、郷土の味を最高の状態でご紹介します。特殊フリーザーを使い、独自のノウハウを生かし、ブリの鮮度も丸寿司の酢飯も冷凍とは思えない美味しさに、丹精込めて作りました。

食いしん坊な「やまろ渡邉」が、みんなにもっと食いしん坊になってほしいとオススメするスローフード。
スローフードとは、食事や食卓を楽しむこと。
やまろ流スローフードは「素材、伝統、食を楽しむ」という3つの基本を守りながら、食べる人が食べるときに手間も時間もかからない、ファーストなスローフードです。

働く主婦、単身のお父さん、一人暮らしの高齢者。手間ひまかけて作りたいけど作れない、そんな方に満足いただけたら!と、愛情をいっぱい詰め込んだ商品をご提供します。
質の高い素材を使い、消えつつある郷土料理を伝承します。
食べること本来の楽しみを味わってください。

安心してお召し上がり下さい。

 

 

ページtop
HOMEはじめてご注文の方へ商品一覧ご注文ガイドお客様の声さいきりーふとは会社概要業者様・大口お取引専用
※このサイトへ掲載している記事・写真等の無断転写を禁止します Copyright(C)2012 さいきりーふ  All Rights Reserved.