お知らせ
さいきりーふ TOP > こだわりの調味料 > あつめしのタレ

あつめしのタレ

あつめしのたれ

漁師仕込み 秘伝の味

懐かしいふるさとの味がすぐに食べたい!と思ったときに、とっても便利。
イロイロな使い方に挑戦してみてください。
「あつめし」とは・・・

古くから「あつめし」は漁師たちの船上の食事として、とれたてのブリ・サバ・アジ等で作られていた、海の男のまかない料理です。
大分県では「りゅうきゅう」と呼ばれるこの料理を、米水津では「温飯(あつめし)」と呼び、熱々のどんぶり飯にタレに浸けた新鮮な魚を乗せて、その上から熱々のお茶をかけて食べていたことから、この名がつけられたといわれています。

ご家庭で簡単にあつめしが召上がれる、米水津(よのうづ)秘伝の「あつめしのたれ」をどうぞ。

あつめしのたれを使ったレシピ。
お客様を呼んでのお食事会にも、喜ばれます

かき揚げ丼   カツ丼
  1. 玉ねぎ・ゴボウ・ニンジン・小エビ等でかき揚げを作ります。
  2. どんぶりご飯にかつお削り、佃煮昆布、もみ海苔等を載せます
  3. その上に1.のかき揚げを乗せてタレをかけたら出来上がりです
 
  1. ブリの切り身をカツにします(市販のチキンカツなどでもOK)
  2. どんぶりご飯の上に、カツを乗せます
  3. その上にタレともみのりを乗せたら出来上がり
  4. 貝割れ大根や小ネギなどの青物をトッピングするとキレイに仕上がります
焼きおにぎり   その他
  1. 鰹節にタレをかけたものを、おにぎりの具にします。
    おにぎりの真ん中に具を入れて固めのおむすびにしてください。
  2. フライパンか焼き網で両面を軽くあぶり、タレを両面につけます。
    刷毛がなければ小皿にタレを少し入れて両面を浸します。
    再度焦げ目がつく程度に焼きます。
  3. 熱々のうちに召し上がってください。
    フライパンにバターをひいて焼いても美味しいです。
 
  • そのまま、お刺身や魚介類の蒸し物にかける
  • うに・いくらやスルメなどをのせて「海鮮どんぶり」に。お好みで卵黄やもみのりを添えて、あつめしのタレにわさびを入れよく混ぜたものをかけて食べて下さい
  • だし汁で薄めて、うどんやそばのつゆとして、薬味たっぷりでどうぞ
  • 魚を煮るときの煮汁としても使えます。生姜やネギをいれるといっそう美味しさが増します
  • タレに生姜を入れてお肉に絡めて焼くとしょうが焼き丼の出来上がり

 

購入こちら

あつめしのたれ

 

[商品番号]S01810
あつめしたれ 1本
580円(税込・送料別)
数量


[商品番号]S01810-1
あつめしたれ
1ケース 12本入

6,930円(税込・送料別)
※1梱包1箱となります
数量


内容量 1本 360ml
原材料 醤油(本醸造)、清酒、米発酵調味料、砂糖、魚醤、米酢、原材料の一部に小麦・大豆を含む
保存方法 直射日光を避け、冷暗所保存。開封後は要冷蔵
配送種別 常温
配送元 やまろ渡邉
fax

 

商品提供:やまろ渡邉さん
創業90年余。質の良さと手軽さをお楽しみ下さい

やまろ渡邉の社長やまろ渡邉米水津に育てられ創業90余年。まもなく100年を迎えます。
「味を落とすくらいなら、売らないほうがまし」という頑固なこだわりが、美味しさの追求につながっています。
米水津で生まれ育ったやまろだから、郷土の味を最高の状態でご紹介します。特殊フリーザーを使い、独自のノウハウを生かし、ブリの鮮度も丸寿司の酢飯も冷凍とは思えない美味しさに、丹精込めて作りました。

食いしん坊な「やまろ渡邉」が、みんなにもっと食いしん坊になってほしいとオススメするスローフード。
スローフードとは、食事や食卓を楽しむこと。
やまろ流スローフードは「素材、伝統、食を楽しむ」という3つの基本を守りながら、食べる人が食べるときに手間も時間もかからない、ファーストなスローフードです。

働く主婦、単身のお父さん、一人暮らしの高齢者。手間ひまかけて作りたいけど作れない、そんな方に満足いただけたら!と、愛情をいっぱい詰め込んだ商品をご提供します。
質の高い素材を使い、消えつつある郷土料理を伝承します。
食べること本来の楽しみを味わってください。

安心してお召し上がり下さい。

 

 

ページtop
HOMEはじめてご注文の方へ商品一覧ご注文ガイドお客様の声さいきりーふとは会社概要業者様・大口お取引専用
※このサイトへ掲載している記事・写真等の無断転写を禁止します Copyright(C)2012 さいきりーふ  All Rights Reserved.