お知らせ
さいきりーふ TOP > こだわりの調味料 > ごまだしタレ

ごまだしタレ(煮干)

ごまだしタレ

郷土料理100選農林水産省「郷土料理百選」に
佐伯市の「ごまだしうどん」が
選ばれました!

【農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」等の選定について】
農林水産省では、全国各地に伝わる郷土料理のうち、農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい・食べさせたい・ふるさとの味」として国民的に支持されうる料理を「農山漁村の郷土料理百選」として選定するもので、2007年12月18日、第3回郷土料理百選選定委員会(委員長:服部幸應氏)が開催されました。

お湯を注ぐだけで簡単ごまだしうどんの出来上がり!

大分県の南部に位置する米水津は、美しいリアス式海岸に囲まれたのどかな漁村です。
昔から豊富な海の幸に恵まれ、村人たちは海からたくさんの恩恵を受けて暮らしてきました。
ごまだしうどんのタレは、小浦地区の家庭料理として生まれ、母から子へ、姑から嫁へと伝えられたものです。

今すぐ購入する

『ごまだし(ごまだしうどんの素)』とは・・・?

沖の風景豊後水道に面した大分県佐伯市の漁師町に「ごまだし」とよばれる郷土料理があります。
豊後水道で水揚げされた新鮮な魚を焼き、身をほぐして骨を取り、すったものにたっぷりのごまを加え、醤油やみりんなどで味付けしたダシで、魚の旨味とごまの香ばしさが特長です。
佐伯では、昔から「ごまだし」=「ごまだしうどん」として愛されてきました。
茹でたうどん麺を器に盛り、かまぼこやすりみ、ねぎなどのお好みの具や薬味をのせ、それに熱湯を注ぐだけでごまだしうどんの出来上がりです。

 主にエソという、かまぼこなどの原材料となる旨味のある白身魚を使いますが、もともとは各家庭で親しまれていた料理なので、季節によりとれる魚、アジや鯛、キス、ギザメ、いりこなどを使ったりもします。
原材料となる魚種や、あわせる調味料の分量、作り手の手法のちがいにより、
「ごまだし」と一口でいっても実に個性豊かな味わいなのです。

うどんを作るのに、ダシをとったり味を付けたりの手間がいらないので、男性同様忙しかった女性たちが、豊かな魚の恵みをいかして編み出した、究極のインスタント食品、保存食品といえます。
現在では、各家庭で手作りすることも少なくなりましたが、佐伯の名物として受け継がれ「ごまだし」の看板が町のあちこちに掲げられ、佐伯でうどんといえば「ごまだし」は未だ健在です。

⇒ もっと詳しくは「ごまだし」の話へ



やまろのごまだしは、「煮干」を原料につかい、あっさりした風味が特徴です。

その日に揚がった新鮮な魚を「煮干」にして、苦味の出ないように頭と腸をとり、
骨と一緒にミキサーにかけて粉末にしたものに、たっぷりのゴマを入れて作ります。

カルシウムが豊富な上、生の魚を使用していないので、魚独特の臭みがなく、お湯を注ぐだけで簡単にふるさとの母の味「ごまだしうどん」をお楽しみいただけます。お魚が苦手な方や、子供やお年寄りにも是非オススメしたい逸品です。
うどん以外にも、そのままお湯に溶いて、簡単胡麻だしスープにもおすすめします。
→ちりめんや煮干などの小魚は、骨ごと食べられるのでカルシウム補給に最適です。またビタミンDも豊富に含まれていますので、成長期の子供たちの歯や骨の発育に役立ちます。

カルシウムは血が出たときに、血を固める働きや体内に侵入した病原体をやっつける働きがあります。
不足すると、骨がもろくなり、高血圧・脳卒中・心筋梗塞などになりやすくなります。
また、イライラしたりストレスがたまったりしますので、注意が必要です。

 

ごまだしうどんの素 ←日経新聞夕刊で、えそのごまだしと共に、
 いりこのごまだしも紹介されました。

(※クリックすると別ウインドウで拡大されます)

エソの魚を使ったごまだしうどんの素はこちら >>

ごまだしを使ったレシピ

ごまだしうどん   お味噌汁代わりに「簡単ごまだしスープ」
  1. たっぷりの沸騰したお湯でうどん麺をゆで、水気を切り器に盛る。
  2. 茹でたうどんの上に「ごまだしのタレ」を大さじ2杯のせ、小口に切ったねぎやちくわなどお好みの具をのせる。
  3. 沸騰したお湯でごまだしを溶かすようにして回しかけ、うどんと具をスープによくからませて、冷めないうちにいただきまーす!
    ※うどんのつゆにはもちろん、湯豆腐やほうれん草のおひたしなどにも「ごまだし」かけても美味しくいただけます。
 
  1. つゆ茶碗に小さじ2杯のごまだしと、ワカメや青さ、小口に切ったねぎを入れます。
  2. お湯を注ぐとお手軽スープ「ごまだしスープ」の出来上がり!具はお好みで!

 

購入こちら

ごまだしタレ
1本で、ごまだしうどん約4〜5食分が目安です


◆◆◆改良して更に美味しくなりました!◆◆◆
以前の全材料は「煮干イリコ、ごま、ミリン、濃口醤油、薄口醤油」でしたが、やまろ渡邉の自社製品「あつめしたれ」を醤油の代わりに使用。味に深みと甘みが加わり、更に美味しくなりました!




煮干イリコ、ごま、しょうゆ、みりんで作った
昔ながらのごまだしです。

やまろのごまだし

1本で、ごまだしうどん約4〜5食分が目安です

[商品番号]S01812
煮干のごまだしタレ(製造中止)
800円(税込・送料別)
内容量 200g
原材料 醤油、米発酵調味料、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、醸造酢、魚醤、調味料(アミノ酸)、煮干イリコ、ゴマ、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
賞味期限 冷凍で約1ヶ月・冷蔵で1ヶ月(保存料を一切使っていませんので、お早めにお召し上がりください)
保存方法 冷凍 -18℃以下(開封後、商品が固まることはございませんので冷凍保存をしてください)
配送種別 冷凍
配送元 やまろ渡邉
 








[商品番号]S01861
やまろのごまだし
800円(税込・送料別)
数量

内容量 230g
原材料 醤油、煮干いりこ、ごま、醗酵調味料
(原材料の一部に大豆、小麦、米を含む)
賞味期限 冷凍で約3ヶ月・冷蔵で1ヶ月(保存料を一切使っていませんので、お早めにお召し上がりください)
保存方法 冷凍 -18℃以下(開封後、商品が固まることはございませんので冷凍保存をしてください)
または、保冷保存10℃以下
配送種別 冷凍
配送元 やまろ渡邉

fax

 

商品提供:やまろ渡邉さん
創業90年余。質の良さと手軽さをお楽しみ下さい

やまろ渡邉の社長やまろ渡邉米水津に育てられ創業90余年。まもなく100年を迎えます。
「味を落とすくらいなら、売らないほうがまし」という頑固なこだわりが、美味しさの追求につながっています。
米水津で生まれ育ったやまろだから、郷土の味を最高の状態でご紹介します。特殊フリーザーを使い、独自のノウハウを生かし、ブリの鮮度も丸寿司の酢飯も冷凍とは思えない美味しさに、丹精込めて作りました。

食いしん坊な「やまろ渡邉」が、みんなにもっと食いしん坊になってほしいとオススメするスローフード。
スローフードとは、食事や食卓を楽しむこと。
やまろ流スローフードは「素材、伝統、食を楽しむ」という3つの基本を守りながら、食べる人が食べるときに手間も時間もかからない、ファーストなスローフードです。

働く主婦、単身のお父さん、一人暮らしの高齢者。手間ひまかけて作りたいけど作れない、そんな方に満足いただけたら!と、愛情をいっぱい詰め込んだ商品をご提供します。
質の高い素材を使い、消えつつある郷土料理を伝承します。
食べること本来の楽しみを味わってください。

安心してお召し上がり下さい。

 

 

ページtop
HOMEはじめてご注文の方へ商品一覧ご注文ガイドお客様の声さいきりーふとは会社概要業者様・大口お取引専用
※このサイトへ掲載している記事・写真等の無断転写を禁止します Copyright(C)2012 さいきりーふ  All Rights Reserved.