お知らせ
さいきりーふ TOP > 海産物加工品 > がんこ漁師の熱めし

がんこ漁師の熱めし(あつめし)

ブリのあつめし

あつめし
お客様の声 →
雑誌やテレビでも紹介いただきました! →
  丼ぶり?お茶漬け?酒のさかな?

包丁で切っても、まだ身が動いている!!
そんな鮮度が自慢のブリの切り身を、甘辛い秘伝のタレに漬け込んだ、豊後水道の漁師町に伝わる漁師のまかない料理「熱(あつ)めし」。りゅうきゅうとも呼ばれています。

熱々ごはんにブリの切り身とタレをのせて、海鮮ぶり丼として濃厚な味わいを楽しむもよし、ダシ汁や熱湯をかけ、少し蒸らしてお茶漬け風にすれば、タタキのような食感を味わえます。もちろん、そのまま焼酎や日本酒の酒の肴にすれば、二人の晩酌も手間いらずでカンパ〜イ。

急なお客様にもあわてなくてすみます。
海の男の素朴で豪快な料理をご自宅でどうぞ。

■8月26日 朝日新聞「大分食物語」のコーナーでご紹介いただきました

■ご当地どんぶり選手権

2010年1月8日〜11日に東京ドームシティで開催された『ふるさと祭りin東京』で行われた「ご当地どんぶり選手権」に出場しました。
3位入賞をいただきました。ありがとうございます!

■雑誌「BRUTAS ブルータス」670号
(9月1日発売)に掲載!

ごはんの友をテーマにした、ごはんお代わり無制限な「お取り寄せグランプリ2009」のコーナー、P63で紹介されています。

郷土料理100選

佐伯の郷土料理100選にあつめし
【農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」等の選定について】
農林水産省では、全国各地に伝わる郷土料理のうち、農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい・食べさせたい・ふるさとの味」として国民的に支持されうる料理を「農山漁村の郷土料理百選」として選定するもので、2007年12月18日、第3回郷土料理百選選定委員会(委員長:服部幸應氏)が開催されました。

今すぐ購入する

 

漁師が食べている熱めしをそのままお届け

『熱めし』とは・・・?

熱めし(りゅうきゅう)は、もともと漁師が船上で食べるまかない料理でした。
冷蔵庫のない時代から船の上でタレに漬け込み数日間食べたといいます。
そんな漁師達の豪快料理を、佐伯市蒲江(かまえ)の漁師軍団が「がんこ漁師の熱めし」に仕上げました。豊後水道育ちの豊の活ぶりの切り身を贅沢に使った逸品です。

漁師のこだわり、鮮度と安心のわけ

いけすから出したばかりの活きたブリを切り身にし、タレに漬け込みます(詳しくは 製造工程をご覧下さい)
化学調味料、保存料、着色料、合成甘味料はつかっておりません。漁師が食べている、そのままの「熱めし」です。

 

ぶりの切り身の鮮度が違います

ブリ

包丁で切っても、まだ身が動いてます!
イカの吸盤が下にくっつくのと同じ鮮度!

▼▽ 鮮度のよさを見てみてください ▽▼

※中央の再生ボタンをクリックしますと映像が動きます。
※音が出ますのでご注意ください。
※Loading画面のまましばらく動かない方は、ページのリロード(再読込)をして再度お試し下さい


この鮮度を真空パック後、瞬間凍結で閉じ込めます。

 

“豊の活ぶり”は活きのよさに定評あり!

沖の風景

豊後水道の説明絵

 

養殖は、海の農業。自分の子どもにも食べさせることができる『安心』がモットーです。

えさやりの風景
えさやりの風景


 

「養殖といっただけで、イメージを悪くするもんがおるが、農業と一緒なんじゃ。
米が病まないように事前に予防する。
それと同じことをしよる。わしがしよるんは"海の農業"じゃ(笑) 」

与える餌も薬もちゃんと厚生労働省が認可をだしとるもんで、生育に必要な分だけしか与えておらんわい。
わしらが、獲ってきた稚魚をわしらが育て、わしらが商品にし、お客様んとこまで届けるんよ。

それに、わしらの中に子育て中の親が多い。
自分の子供にも安心してだせるという信念でやっとる。

「ほらっこれが餌じゃ」とオープンに気前よく見せてくれました(笑)

国内産のサバ(手に持っている)やカタクチイワシが餌で、食用として大丈夫なほどぐらい餌の鮮度にもこだわっています!
※実際に中国に食用として輸出されています

豊後水道の沖合いで育てられる養殖のぶりですが、
2年間かけて育てるのは『天然の稚魚』です!
この天然のぶりの稚魚を・・・”もじゃこ”といいます。

天然の稚魚・・・「もじゃこ」
漁師たちは、こう呼びます

・・・・「海の小判」と。


金色に輝く色をし、
そして何よりも、この小さなもじゃこが、
大きなぶりに育つからこう呼んでるんだそうです

こんなに小さくて可愛いもじゃこが、
こんなにおっきく豊後水道の海で育つんです。

もじゃことブリ
えさやりの風景  

海の小判こと「もじゃこ」の漁は、こんな小さいのを壮大でひろ〜い海で探すとあって、まさに暗中模索の漁。

1週間にもおよぶこともあるそうで、
海の怖さを味わうことも多々あるとか(^^;

えさやりの風景

苦労して、獲ってきた天然のもじゃこをいけすに入れ、
大きさごとに選別していきます。

というのも、
こんなにちっちゃいのに、もじゃこは食いしん坊!

だから、自分より小さいやつを見つけたら、食べてしまうそうで、放っておいたら、どんどん減っていくそうです(^^;

 

さらに、成長するにつれ、再度大きさの選別作業を行います。
1〜2gが15〜20gになるまで、
約10回ほど繰り返して行います。

これが“やおねぇ”作業だそうです
(やおねぇ=大分弁で「大変な」作業という意味)

もじゃこがブリになったら、さぁ熱めし作りっ!

   
ぶりをイケスから出す出荷作業です   可愛そうに思えますが、鮮度を保つための作業です。海水に氷をいれ1時間内臓まで冷やしていきます。   ぶりになるべく触らないようにして、手早くさばきます。
人の体温でぶりの温度があがらないために
         
   
皮と身の間のこの部分が一番旨い!
これは漁師しか知りえない情報ですね
  もうこのまま刺身で食べたいほどの鮮度、そしてこのつや!   切り身は素早く、袋につめていきます。
         
   
しっかり計量しながら、タレをいれていきます   真空パック機に、袋を並べ、一気に真空パックに!   はい!できあがり。
後は、急速冷凍機にいれます。
         
 

 

ヤマトさんがお客様のところまでお届けします。  

食卓に届いたら、流水でさっと解凍。はい、できあがり♪

1袋で2人前のセットです。
さらに、<ねぎ、のり付>がうれしいですね。


時間のない時や、急なお客様でも
瞬時にご用意できます。
すぐさまお出迎え料理に変身っ♪

あつめし茶漬け

お客様の声

今度は父に贈ります

こんにちは
先日届いた熱めし、とてもおいしくいただきました。
熱いご飯にかけてよし、お茶漬けにしてもよし でした。
これなら魚好きの父も喜んでくれると思い、また注文させて頂きました。
定年後、病気療養中の父ですが、食欲だけは衰えないようです。
毎年贈り物には悩むのですが、今年は良い品を見つけられました。
ありがとうございました。(東京都/O様より)

ぶりの刺身がそのままでホントにびっくり
今日、活き粋船団の商品が届きました♪さっそく、「熱めし」を今晩の夕食に!!
かつおだしに柚子胡椒、刻みねぎをプラスしてかなーり贅沢なお茶漬け風でいただきました。
ぶりの刺身がそのままでホントにびっくり。とっても美味しかったです。(Y.O様より)

待ちきれませんでした!
やーーーっと届いたので、早速あつめしと骨までのあら煮ときびなごをいただきました。
超久しぶりのにしゅうらの味やったんやけど、やっぱりおいしいな〜。あつめしもあら煮も味付けが絶妙です。

 

購入こちら

熱めし

 

[商品番号]S03101
がんこ漁師の熱めし(2人前×2袋入)
1,350円(税込・送料別)
数量


がんこ漁師シリーズ「鯛茶漬け」も好評販売中!

原材料 ぶり(蒲江産)醤油、みりん、清酒、ごま、生姜
※ねぎ・のり付
※化学調味料、保存料、着色料、合成甘味料は一切使用しておりません。
内容量 1箱=110g×2袋(1箱で4人前) 
ねぎ、のり付き
賞味期限 製造後120日
保存方法 要冷凍
配送種別 冷凍
※配送元が異なる商品とは同梱できません
配送元 活き粋船団
fax

 

商品提供:活き粋船団さん

漁師だから知っている魚の美味しさをご家庭に!

かまえ直送“活き粋船団”とは、大分県の最南端の町「蒲江」で、漁業を営む若手漁師10人が、共同出資をして創った団体です。
メンバーは、定置網業者3人、ブリ・カンパチ養殖業者4人、ヒラメ養殖業者3人の漁師だけ。

これまで生産を通して消費者の皆様に「安心・安全」な魚を提供してまいりましたが、お客様の要望により、活きた状態での加工を考えてまいりました。
5年がかりの計画で、平成17年11月17日に加工場が完成しました。

消費者の皆様に、その日の朝獲れた『活きた魚』の加工品を、最新鋭の加工施設で作ってご提供いたします。漁師の集団ですので、加工については素人ですが、魚に対する愛情や知識は誰にも負けないと自負しています。村松一也代表 漁師だから知っている、魚の美味しさや食べ方を、ご家庭でそのまま味わっていただきたい。

無駄なく魚を食べていただけるよう、また過剰な包装もさけ、環境を考えていくよう心がけています。
多少見栄えのしない商品もあるかもしれませんが、そこは、中身・味で勝負です!

 

TVや雑誌にもご紹介いただきました

・8月26日 朝日新聞「大分食物語」のコーナーでご紹介
・雑誌「BRUTAS」2009.9月号に頑固漁師のあつめしが掲載
・雑誌「日経おとなのOFF」2009.7月号に頑固漁師のあつめしが掲載
・テレビ朝日系TV「素敵な宇宙船地球号」2008.12.28放映
・テレビ朝日系TV「アサデス」2008.2.11放映
・NHK福岡
・NHK【オアシスTV 大分】の出張健康道場
・今日感テレビ
・RKB
・TOS「ほっとはーとOITA」
・ 「ハローおおいた」
・OBS「おはようナイスキャッチ」
・OBSテレビの15時半からの「挑戦!旧町村部の町おこし
・九州のムラ
・福岡のケーブルTV
・東ちづる「にっぽん菜発見」より
・大分合同新聞動画サイト

⇒ 活き粋船団などの「ぶりの加工品」シリーズ

 

 

ページtop
HOMEはじめてご注文の方へ商品一覧ご注文ガイドお客様の声さいきりーふとは会社概要業者様・大口お取引専用
※このサイトへ掲載している記事・写真等の無断転写を禁止します Copyright(C)2012 さいきりーふ  All Rights Reserved.